2020.5.26 Tuesday

ダブルダッチでともだっちプロジェクトvol.1〜南房総縄まち組編〜レポート前半

11月10日(日)、千葉県・南房総にて「ダブルダッチでともだっちproject vol.1〜南房総縄まち組編〜」を開催しました!大人6人、高校生5人、中学生1人が参加し、ダブルダッチで台風被害にあった南房総を訪問してきました。

ギリギリまで運営メンバーで調整をして、迎えた当日。最初はぎこちなかった初対面のメンバーも、時間が経って一緒にパフォーマンスを繰り返すうちに、次第に笑顔に。気づいたら日が暮れて特別な1日が終わりました。今回感じたことを、5人のメンバーに語っていただきました。前半は、ダブルダッチをしに訪れたメンバーたち。最年少の上野さちさん、高校生代表の大野りくさん、最年長の西川ひろこさんです。

「自分のダブルダッチで笑顔になってくれている人がいた」(上野さちさん/中学生/八王子)

私は国内で災害が起こっているのをテレビで見て、ボランティアをしてみたいと思っていました。ですが中学生なので力もなくて行く手段も少なく、手伝えることは本当にあるのかなと思っていつも行動に移すことができずにいました。しかし、今回ダブルダッチで被災地に笑顔を届けに行くという自分でもできるかもしれないこのプロジェクトに興味を持ちました。


今回一緒にプロジェクトに参加した方々は本当に一人一人が被災地の方を笑顔にしたいという気持ちが強くて自分ももっと笑顔にさせたい想いが強くなりました。


自分たちのできるダブルダッチで笑顔になってくれる人がいることを知れて、自分自身も幸せになれてとても良い経験をさせていただきました。
また機会があれば参加したいと思っています!
ダブルダッチでともダッチ最高でした!!

「関西から出向くことで『自分ごと化』できたのでは」(大野りく/高校生/関西)

関西では様々なボランティアに参加してきましたが、こういった被災地にボランティアをしに行くというのは初めての経験でした。
感想として短くまとめることは難しいですが被害は想像を遥かに超えるもので、被害の少なかった関西から出向くことでもえさんの言うような「自分ごと化」することができたと思います。


そして本当に今回のボランティアに参加することができて嬉しかったです、企画をしてくれたもえさんやボランティアを通してつながることができた方々、行くことを許してくれた両親本当にありがとうございました。

「これからのダッチとの関わり方を考えるきかっけに」(西川ひろこ/千葉県ダブルダッチ協会副会長)

今回のプロジェクトは、上手く言えないけど
58歳の私の中で心に響き、丁度Dutchに対してどうやって関わって行こうか…
スタッフとして何年も続けて来たことで一旦離れようか迷っていた時だったので改めて自分のこれからの関わり方のきっかけをもらえました。

そして、子供たちのパワーと笑顔、時間と共に変わっていく表情に親としてキッズ時代から、ずっとDutchをしている子供の成長、悩み、笑顔そして涙を見てきたからこそ私の出来ることを見つけた様に思えました。

Playerじゃなくても、Dutch大好きだし。
私が出来ることは、子供たちの背中を押してあげたり支えてあげる事と
保護者の方の声を聞くことだと感じました。

親の言うことは素直に聞けなくても他の大人の声なら心に残る。
最後の話をしっかりと目を見て聞いてくれた姿が私の目に焼き付いて残っています。

萌ちゃんにそして子供たちに感謝です。ありがとう。

(後半に続く)