2019.10.18 Friday

活動レポートvol.1

活動レポートとは

「活動レポート」は、ダブルダッチマンの運営に関する内部的なお話をしていく不定期更新のコーナーです。vol.1はイケポンが担当します。

サポーター、投げ銭の募集を開始いたしましたので、おもにご支援してくださっている方向けに、現在の活動や今後の方針、迷っていることなんかも含めてご報告していけたらいいなと思っています。

まずvol.1では、ご支援開始から一週間経過した現状のご報告をさせていただきます。

✔️サポーター(毎月支援)・・・7名
(井上 明徳さん、龍太郎さん、tanakayukiさん、おかもんさん、その他お名前掲載希望なしの方が3名)

✔️投げ銭(単発支援)5000円・・・1名
(TAKAOさん)

合計 9,000円が集まりました!ご支援いただいた皆様ありがとうございます!

実際にはここから現金化するための手数料が必要になりますので、8000円弱という感じです。

サポーターの中には1000円でのご登録をしていただいた方もおられたので、(500×6名) +(1000×1名)=4000円という計算です。

どのように使うのか?

ダブルダッチマンの運営は、人が動いてコンテンツを作っているため本来人件費がかかります。

ですが、今まではメンバーのご好意によって、コンテンツを作ってもらっている状態でした。ドラマ「逃げ恥」で言うところの「やりがい搾取」にあたるものだと思います。

この状態はとてもありがたい状態ですが、継続性がない状態とも言えます。

なので、ダブルダッチマンを継続させるために、まずは編集部メンバーがコンテンツ制作に充ててくれた時間分の謝礼をしたいと考えています。

ライティング、編集、撮影、ウェブサイト構築…必要な作業の種類としてはこのあたり。それぞれ作業の性質が違うので、単純に作業にかかった時間に対して時給換算的に謝礼をお支払いしていく方法がいいのかなと考えています。


例えば…

時給=支援金の1%
現在の支援金=1万円
と仮定して、以下の作業をした場合。

・インタビュー+文字起こし 8時間
・編集作業 8時間
・サムネイル作り、記事入れ 8時間
合計24時間

時給は、10000*0.01=100円
記事制作に対しては、100*24=2400円


時給換算すると、なかなか怖い数字です…(笑)。それでも今まで0だったものが、0じゃなくなるということは本当に嬉しくもあり、ありがたいことです。

またみんなで話し合いながら決めていこうと思います。以上、活動レポートvol.1でした。

(つづく)