2019.10.18 Friday

第2回 面白そうな仕事があるところ

Yosh a.k.a Yoshihiro

1993年9月3日生まれ。日本大学ダブルダッチサークル「D.S.P.」出身。ダブルダッチチーム「YUTTY KINGDOM.」のメンバーとしてDOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2017のパフォーマンス部門で世界一となり、またWORLD JUMP ROPE 2019では「GILDE」として世界一となる。現在(2019年9月現在)は株式会社JTBコミュニケーションデザインに勤務し、プレイヤーとしてもいち会社員としてもシーンの発展に貢献している。

この企画では、ダブルダッチャーがどんなお仕事をされているのかをインタビューしています。ダブルダッチでの経験ってお仕事にはどんなふうに活かせるのか、そんなことを考えるコーナー。
前回から引き続き、(株)JTBコミュニケーションデザインに勤務するYoshihiroさんの連載、第2回。今回はお仕事のサイクルや今の仕事に就いた理由などを伺いました。
→ 連載第1回はこちら

お仕事のサイクル

イケポン
前回はダブルダッチにまつわるところ中心にお仕事の具体例をお聞きしました。今回は基本的なところというか、どういうサイクルで日々のお仕事をされてるか等伺えますか。

ヨシヒロ
だいたい9時半から10時の間くらいに出社します。舞台の新しいビジュアルの作成ってことでクリエイティブ担当の人と打ち合わせをしたり、今後のプロモーション戦略のことを社内の人たちと考えたり、ですね。

イケポン
なるほど。

ヨシヒロ
それと営業では、ホテルだと春公演だけでも担当2人で100箇所以上回ってますし、労働組合の福利厚生として販売してもらえるよう営業したり。あとはインバウンド向けの公演なので大使館向けに営業をしたりとか。

イケポン
海外から来られた方に、接触できるような場所だね。

ヨシヒロ
新しいチャネルを開拓したり、海外で売れてるチケット販売サイトってどこなんだろうとか、どうやったらチケットが売れるんだろうっていう交通整理をやったりもしてます。

「打ち合わせをしたり、今後のプロモーション戦略のことを社内の人たちと考えたり」

イケポン
何時から何時っていうのがきっかり決まってはない?

ヨシヒロ
一応会社としては9時半から18時までが定時なんですけど、公演の現場の運営にも入ることがあって、夜公演が19時開始なので22時くらいまで残ったり、場合によってはありますね。残業を振り替えたりもしながら、フレキシブルにやってます。

イケポン
なるほど。基本的にはお休みは土日祝なのかな?

ヨシヒロ
そうです。旅行を売る人たちは土日が稼ぎ時なので、土日に出社することが多いと思うんですけど、僕たちはBtoBで企業を相手にしているので、あっちが休みならこっちも休みという感じです。

イケポン
公演は土日もやっているよね?

ヨシヒロ
この公演は土日もやってるんですけど、現場に専属で入ってる人とかもいるんで。たまーに入るくらいですね。

”面白そうだから”ですね

イケポン
今のお仕事を選んだ理由を教えてもらってもいいですか?

ヨシヒロ
面接でも言っていたことなんですけど、”面白そうだから”ですね。もともと大学受験でも観光系のところを受けていたんですけど、志望していたところは綺麗に落ちてしまって。
そこで諦められないなって思っていたので、就職活動では旅行系の会社を受けていました。でも「結局旅行の何がしたいの?」って言われた時に、「なんだろう?」と思ってしまって。旅行を売りたいわけでもないなと。

イケポン
うん。

ヨシヒロ
だったら旅行業界に限定せず、面白そうな仕事があるところに行こうと。そこから受けた中で今の会社が、一番面白そうだなあって思いました。
それにうちの会社は、旅行先での交流など旅行に付随するものを売るので、ある意味旅行にも携われるなとも思って。

「旅行業界に限定せず、面白そうな仕事があるところに行こうと」

イケポン
そうなんだ。もともと観光系の学校を受けてたって話だったんだけど、もともと観光や旅行には興味があったの?

ヨシヒロ
昔から家族で旅行に行ったり、アウトドアすることが多かったので、旅って楽しいなって。

イケポン
なるほど、シンプルに。

ヨシヒロ
はい。それで旅行に興味を持ちました。

イケポン
そこに「ダブルダッチをしてたから〜」っていう気持ちはあまりなかったんだ。

ヨシヒロ
そうですね。

”キングダム”の存在

ヨシヒロ
もともとダブルダッチはプロでやりたかったんですけど、実力が伴っていないってこともありましたし、当時の状況としてはプロでもバイトをしながら…と、経済的な面でもプロをやるのは現実的じゃないのかなあって。
だったら”最強のアマチュア”になろうと。キングダム(YUTTY KINGDOM.)のお兄様方もみんな仕事しながらダブルダッチをやっていたので、これ多分できるなと。

イケポン
自分に一番合う道を選択したんだ。

ヨシヒロ
私の会社は、お客様の課題を解決するためならなんでも提案してもいいですよっていう社風なんです。ダッチにも共通する発想力が求められそうだなあと思って。ダブルダッチでやってきたことを仕事に変えたら、色々できるんじゃないかなあって。これもこの会社の仕事を選んだ理由の1つではありますね。

「ダブルダッチでやってきたことを仕事に変えたら、色々できるんじゃないかなあって」

イケポン
なるほど。確かにダッチと似てるのかもね。そういう意味でいうと。

ヨシヒロ
似てるなあとは思いましたね。ポスターなんかも「ここにコレをこう置いたら見てる人にどう伝わるんだろう」っていうのが、ダッチでいう「ここでアクロ入れたらどういう風に見えるんだろう」と同じですよね。

イケポン
ダッチでもパフォーマンスを作る立場が多かったのかな?

ヨシヒロ
そうですね、基本的には人を動かす側の立場でした。もともと作る、考えるのが好きで、人が作ったものが嫌いで。

イケポン
うんうん。

ヨシヒロ
意見はめちゃくちゃ言います。

イケポン
思ったことははっきりと。

ヨシヒロ
はい、はっきりと。たまにお兄様方にも怒られます。

イケポン
仕事場の?

ヨシヒロ
いえ、キングダムの(笑)。

イケポン
まあでもハッキリ意見を言う後輩は大事な気がするよね、先輩からしたら。

ヨシヒロ
そうですかね?

イケポン
うん。裸の王様にならないように、と言いますか(笑)。

ヨシヒロ
社会人になる前の練習で「ヤダ!」って言いまくってたんですけど、「お前ヤダヤダ言ってないで代案出せよ。社会人になったらそういうもんだぞ」って言われたことがありましたね。

イケポン
あ、正論だ(笑)。

「たまにお兄様方にも怒られます」

(第3回につづく)