2019.12.15 Sunday

第2回 前職への恩義と、一担当者としての価値

###

NESS

1991年2月22日生まれ。青山学院大学に入学後、ダブルダッチサークルPark Jackに入部。D-actとの連合チーム「ZIXA」に所属して、3人チームとしては数少ないDouble Dutch Delight Japanへの出場を果たす。大学卒業後、アマゾンジャパン合同会社、プルデンシャル生命保険株式会社を経て、現在ファイナンシャル・ジャパン株式会社にて保険商品の営業を務める。

この企画では、ダブルダッチャーがどんなお仕事をされているのかをインタビューしています。ダブルダッチでの経験ってお仕事にはどんなふうに活かせるのか、そんなことを考えるコーナー。
大学卒業後、2社経験を経て現在の会社へ。その経緯をお話ししていただいた第2回です。

それでプルデンシャルに入ったんだ。アマゾンもいわゆる「必要としてくれてる人」ってものすごく多いと思うんだけど、「必要とされていること」が間近で感じられる方がよかったのかな。

そうですね。広くより、深くというか。
僕は対面している相手の中で、自分の存在が大きくなっていくっていう過程が嬉しいんです。仕事の中でも最初はガードが硬いことが多いんですが、そこからだんだんと信頼してもらえて、結婚式に呼んでもらえる仲になったりだとか。

それはアマゾンにはない手触り感だったんだろうね。

もしかしたらアマゾンでも、そういう仕事はできたのかもしれないですけど。

でもタイミング的 に、よりダイレクトにそういった喜びが感じやすい環境がプルデンシャルにあったということだよね。

そうですね。だから本当にアマゾンにしろ、プルデンシャルにしろ、ネガティブな理由で転職をしたという訳ではないですね。

“最近、やたら植毛の広告にターゲティングされています。”

そこから現在は同業界のファイナンシャル・ジャパンへと移っているわけなんだけど、自分の軸となっている「人から必要とされる」に、より近い環境だと思えたからかな。

そうですね。「必要とされる」というか「いてくれてよかった」って思ってもらえるのは、今の環境かなと。

なるほど。ファイナンシャル・ジャパンを知るきっかけっていうのは、なんだったんだろう?

人からの紹介でした。プルデンシャルで保険の仕事を続ける中で、同時に「なんでプルデンシャルじゃないといけないか」ってことも考えました。いろんな人に話を聞いていくうちに、ファイナンシャル・ジャパンを紹介してもらって話を聞いたのがきっかけですね。

1社の商品だけでお客様の問題を解決しようとすることに限界がある

ファイナンシャル・ジャパンは、保険業界の中では新しい会社なんだよね?

そうですね、今6年目ですかね(2019年8月現在)。僕はもともと全然知らない人だったんですけど、プルデンシャル出身の社長がいて。

保険業界が持つ問題を、ある種解決できたらいいよねっていう思いで起業されたんだとか?

そうですね。
業界が抱えていた問題としては「1社の商品だけでお客様の問題を解決しようとすることに限界がある」という点で。

なるほど。限界が。

はい。同じお金を払ってもらうのでも、内容が会社ごとに全然違うんですね。例えば、ガンになった時に保険金を1回受け取ったら終わりなのか、入ってる間は無制限に受け取れるのか。

再発した時に?

そうです。
他には、給付の対象範囲となる「三大疾病」も、定義が保険会社によって全然違うんですよね。心臓の病気って約170万人くらい罹患してる人がいるんですけど、保険給付の対象になっている急性心筋梗塞に該当するのは実際3万人くらいしかいませんでした、とか。

“遺伝子のせいにしたら、負けだと思っている。”

うーん、なるほど。

「急性心筋梗塞」ではなくて、「心疾患」というもっと広い括りで、定義してくれる保険会社もあるし。
そういうものを含めて幅広く提案できる環境を知ってしまったというか。そこがファイナンシャル・ジャパンに移った一番の理由です。

業界じゃない側からすると「こんな環境もあるんだ」っていうのが、どれくらいのインパクトのものなのかイメージが湧きづらいんだけど、どれくらいの度合いなんだろう?ダッチャー的な例えがあれば(笑)。

うーん、そうですねー。イケポンさん、ダブルダッチを始める時って立命館のサークルしか見なかったですか?

そうだね、他の大学のサークルに入るっていう発想が当時はそもそもなくて。キャンパスが滋賀にあったから、東京と違って周りにダブルダッチサークルのある大学がそんなにあるわけでもないし。

他のサークルいいなって思ったことありました?

同じ大学の別キャンパスにあったdut(dig up treasure)の方が、当時大会で結果も出していたし羨ましく思ったことはあったかも・・・。

いい例えかどうかわからないんですけど、自分が大学に入った時に、「ダブルダッチできるサークルは乱縄もあるしdutもあるし、どこでも選べるけど、どこを選びたい?」みたいな感じです。

あーなるほど!わかりやすい(笑)!

あなただったらこのサークルがオススメです、なぜなら・・・

よかったです(笑)。

確かにそうだね。僕が入ったサークルもすごくいいサークルだったし、このサークルでよかったなとは思うけど、入学のタイミングで色々選べたら、ここを選んでたかどうかは分からないかも。

いざダブルダッチを始めようとした時に、自分がどのサークルに入るかって直感や運だったりするじゃないですか。「楽しそうだな」と思って入部したけど、練習めっちゃきついとか、先輩めっちゃ怖いとか。そういうギャップが出ないようにその人の送りたいキャンパスライフをよく聞いて、あなただったらこのサークルがオススメです、なぜなら・・・って情報を伝えていくイメージですね。

じゃあ、あれだ!サークルのアドバイザーみたいな。

“「国内で唯一、ミノキシジルが配合されている塗り薬は、リアップだけ。”

あーそうですそうです!サークルの場合、現役と言う意味では4年間で終わりますが、保険の場合、一生付き合う問題で、しかも生涯1,000万以上支払うことになる人もいる高い買い物なので、あとで「こんなはずじゃなかった・・・」ってならないようにお手伝いさせて頂いています。イメージ湧きましたか?

めちゃくちゃ湧きました(笑)。情報を伝えるのなら、提供できる幅が広い方がいいよね。

そうですね。だからプルデンシャルが嫌だと思ったことはないし、育ててくれた恩義はめちゃくちゃ感じています。でもより価値を最大化するなら、こっちかなと。

(第3回につづく)