2019.10.18 Friday

Breakingがオリンピック種目になると、どんないいことがあるんだろう

View this post on Instagram

只今、2024年のパリオリンピックの正式種目として、Breakingが選ばれるかどうかの審議に入っています。 正式種目に選ばれるために最も大切なことは、シーンからどれくらい支持があるのかということ。オリンピックの関係者は今それを見ています。2018年のユースオリンピックではBreakingの大会は大成功でした。その勢いを止めることなく、次の2024年、パリオリンピックにて正式種目にするために、シーンの人たちの声がとても大切になっており、今現在世界中の仲間たちが声を上げています! Breakingのこれからの未来はシーンの人たちで作りたいという声がたくさん上がっているので、みなさんにも力を借りたいです。 次のステージにいくために、この内容をシェアしまくってほしいと思います!!よろしくお願いします!! IMPORTANT MESSAGE! . Breakin’ scene needs your support. Last few days for the Olympics to decide if Breakin’ will be included in 2024 Summer Olympics. They need to see the support of our scene in order to finally include Breakin’ in the Olympics. It’s not a replacement of existing establishment of art of Breakin’ , it is the next step of development for our beautiful artform creating additional platform, exposing Breakin’ worldwide and attracting funding from outside the scene into the scene. This could create lot of opportunities for bboys, bgirls, competitors, dance schools, couches, events, bboy owned businesses, judges, DJs, music producers, etc. This is a major step and opportunity for our community to organize within ourselves creating platforms and self-contained “industry” in the hands of bboys/bgirls for many generations to come. . Please share the graphics if you see a bigger picture and opportunity this could create for the Breakin’ scene worldwide . Bboys and bgirls should control their own destiny. The future of Breakin’ is in your hands. Make a choice for you and future Breakin’ generations…. . 1love, Peace #breaking2024 @paris2024 @olympics #breakingolympics #breakingolympics2024 #paris2024

KATSU1さん(@katsu_one)がシェアした投稿 –

みなさん、この投稿はご覧になりましたか?

2024年のパリオリンピックの正式種目として、Breakingが選ばれるかどうかの審議に入っているようです。

ダブルダッチとは直接関係はありませんが、いちBreakingファンとして、ストリートシーンにお世話になった人間として、せっかくウェブメディアを運営しているのでBreakingがオリンピック種目になり、メジャーな競技になると、どんないいことがあるのか少し考えてみました。

Breakingをやりたいと思った人に、きちんとBreakingが届く

僕がBreakingに出会ったのは、中学生の時でした。山奥のド田舎に生まれ育った僕にBreakingを教えてくれる人はいませんでした。ウインドミルを手取り足取り教えてくれるコーチが、どんなに欲しかったことか。

サッカーや野球のようなメジャーな競技には、そんなド田舎にも当たり前のように少年スポーツチームがあり、練習場所があり、コーチがいました。Breakingにも野球やサッカーと同じように、技を教えてくれる地元の兄ちゃんやオジサンがいてくれたらいいなあと思います。

Breakingって一人で始められるようで、実は結構難しい。やりはじめの時って外で一人で練習するの超恥ずかしいし、家で練習するとオカンに怒られるし(僕は実家の仏間で練習していたので、仏壇の線香を吹き飛ばしたりガラスを割ったり畳を傷つけたりで、母親からは罵詈雑言・・・)。

練習できる環境があるって、本当に大切だと思います。

スポーツバーとかでオリンピック見ながら、Breaking日本代表を応援できる

お酒を飲みながら、Breakingの日本代表を応援できる。最高です。

僕はウェーイできなかった方の人間ですが、これならウェーイできる自信あります。なんてったって他の競技とは思い入れが違う。家で一人でタオル首にかけて、テレビ見ながらの応援だってできます。

僕はオリンピック全然見てこなかった人間ですが、Breakingのオリンピックがテレビで放送されるのなら、テレビも4Kに買い換えるし、夜更かししてでも見れる自信あります。

Breakingって上手な人のムーブ見てると、自分もできる気がしてくるんですよね。

ダブルダッチのシーンに勇気を与えてくる

とはいえ僕の場合は、Breakingよりもダブルダッチへ注いだ情熱の方が多かったです。上に挙げた2つのことが、ダブルダッチで実現したらもっと最高です。

「最高」って言葉、「最も高い」ってことなので軽々しく使いたくありませんが、最高です。

ダブルダッチをテレビで見ながら、昔のチームメイトとお酒飲みながらウェーイできる日、心待ちにしています。

同じストリートシーンからBreakingがオリンピック競技に採用されたとしたら、それってダブルダッチシーンにも本当に勇気を与えてくれると思います。

長く険しい道のりかもしれないけど、「でもBreakingがメジャーになったんだから」って思えるんじゃないでしょうか。

僕はダブルダッチシーンをつくってきたわけでもないし、もうプレイヤーをやってない、しがない身ではあるんですが、ダブルダッチからもらったものはたくさんあります。そのダブルダッチに引き合わせてくれたのは、紛れもなくBreaking。(そのBreakingに引き合わせてくれたのは少年チャンプルで、少年チャンプルに引き合わせてくれたのはテレビを買ってくれた両親で、両親には感謝。)

そんなBreaking。メジャーになることは捉え方によってはよくない部分もあるかもしれませんが、僕個人としては是非ともオリンピック正式種目になって欲しいです。