2018.12.18 Tuesday

第4回 プロデューサーの役割

###

RYO

1990年4月8日生まれ。立命館大学BKCキャンパス「Fusion of Ganbit」出身。現役時代は独自の世界観を表現した「HUMPTY DUMPTY」に所属し、DOUBLE DUTCH DELIGHT JAPAN 2011に出場。卒業後は、クリエイティブ業界を目指して専門学校へ。その後株式会社amanaに就職。現在は、プロデューサー兼プランニングディレクターとして、様々なクリエイティブコンテンツを手がける。

今までこういうものができましたよっていう制作物を見せてもらったわけなんだけど、いろんな業務に分かれている中で、りょうは今そのディレクションをしているの?

“りょうは今そのディレクションをしているの?”

制作の工程としては営業、プロデューサー、ディレクター、プログラマー、フォトグラファー・・・って紐付いてくるんですけど、営業はお客さんとのやり取りやコネクションを作るんです。僕はプロデューサーで、制作の責任者みたいな形でお金の管理やスケジュール、全体の流れを見ている立場って感じですかね。

プロデューサーだ。

その下にディレクターがいて、映画監督みたいな感じですね。制作の指揮をとって高めていくイメージですね。まあ大きい仕事だとこんな感じなんですけど、小さい仕事もたくさんあって。プロジェクションマッピングの仕事で、営業と僕がいて、外部のムービーディレクターがいて終わりなんてものもあります。

へえ〜。プロジェクションマッピング。

そうです。ロケとか実写系になると人手が要りますけど、僕はあんまりやらないですね。

実写になると、カメラマン、照明、音声って?

そうです。それにスタイリスト、モデル、小道具ってなってくるんで。ああなってくると大変ですね。
あ、これ僕見せたいやつ・・・。スポーツメーカーのウェブメディアのプロデュースで入っているんですけど。

“あ、これ僕見せたいやつ・・・。スポーツメーカーのウェブメディアのプロデュースで入っているんですけど。”

あ、これ、Kai(REGSTYLE)のインタビュー?

あ、そうなんです。

お~。なるほど、そこが繋がるんだ。

そうなんです。「スポーツのススメ」っていう企画が今年8月から立ち上がって、いろんなライターさんやスタッフがいるんで、みんないろんなスポーツを取り上げたんですけど、僕はダブルダッチを提案したんですよ。ツテもあるから誰か出てくれるって言って。

なるほどー。

これは、普通に嬉しかったですね。

ねえ。絵になるし、いいよね。

そうそう、絵がいいの本当大事。こういうのもポンさん入ってそのまま仕事できますよ(笑)。

今やってるのと同じようなことだもんね(笑)。

そうですよ、ダブルダッチマンにすごい近いですよ。いやーポンさんは仕事でいけると思いますけどね(笑)。完全に思考的にも。

そうですかね(笑)。

いやーいいんじゃないんですか。最初のダブルダッチマンよりすごい編集が効いてますよね。

そうだね、人も増えたし。最初は完全に一人だったけど今は3人になったし。だから作業の量的にはすごく助かってるし、細かいものも含めるとなんだかんだほぼ毎日更新できてるってのは一番大きな違いだよね。

あっこれこれ!これ面白いっすよね(笑)。

家で見て笑っちゃいましたもん。これは確実にみんなに笑顔届けてますよね。これヨッシーっていうコンテンツがいいのか、マオがノッてるのか。 この途中で切れる感じとかね(笑)。

あー実はこれちょうどここでSDカードの残量がなくなっちゃって(笑)。でもちょうどいいからここで切ろうと思って(笑)。

そうだったんですね(笑)。いやーそれも含めてなんか良いですね。

どれくらいのものにしていけるかは分からないけど、ダブルダッチマンはずっと続けていけたらいいなあと思っているよ。

なんというか、人生の中でダブルダッチの経験が良くも悪くも濃すぎて

ぜひ続けてください。なんというか、人生の中でダブルダッチの経験が良くも悪くも濃すぎて。3年間練習してきたものがこの3分で終わるよ!みたいな。足ガクガクする感じ。本当にあんなの無いっていうか。

確かにあそこまでの緊張感ってなかなか無いね。

あれを感じてしまったが故に、この先の人生どうやってあの時よりも楽しく生きるかっていうのを結局amanaに来て感じてます。この仕事ってすごい楽しそうじゃないですか、すごい面白そうなコンテンツがたくさんあって。やっぱりそこそこ楽しいしプロジェクトも長くて半年〜1年とかで変わっていくし。

“あれを感じてしまったが故に、この先の人生どうやってあの時よりも楽しく生きるかっていうのを結局amanaに来て感じてます”

飽きない。

はい、飽きれないですね。

ピッタリだね。

ピッタリですね。飽きる暇なくもう次が来てるみたいな。

うん。

でも2〜30件掛け持ちとかでやってるんで、死にかけますけどね(笑)。

忙しいんだね。

忙しいですね。人によるんですけど、会社といえど割と個人商店の集まりみたいな感じになりがちなんですよ。だから人気の人には仕事が集まりますし。

サボりたい人はサボってるのかもしれないですし。でもガンガンやってる方が楽しいんで。

でも仕事の量に対して給料が変わることはないの?インセンティブみたいな。

無いっすね(笑)。だからサボりたい人はサボってるのかもしれないですし。でもガンガンやってる方が楽しいんで。

インセンティブをつけちゃったらギラギラして制作物の色が変わってきちゃいそうだね。

うんうん、そうですね。なんか、良くも悪くも会社って感じですね。

僕でもいけるかな(笑)。

ポンさんはね、たぶんいけますよ(笑)。人生まだまだあります。

(第5回に続く:2018年8月21日公開)