2018.12.18 Tuesday

第1回 「集団創作」の世界へ

###

RYO

1990年4月8日生まれ。立命館大学BKCキャンパス「Fusion of Ganbit」出身。現役時代は独自の世界観を表現した「HUMPTY DUMPTY」に所属し、DOUBLE DUTCH DELIGHT JAPAN 2011に出場。卒業後は、クリエイティブ業界を目指して専門学校へ。その後株式会社amanaに就職。現在は、プロデューサー兼プランニングディレクターとして、様々なクリエイティブコンテンツを手がける。

りょうにとって、ダブルダッチと仕事ってどんな関係?

僕のイメージでは、ダブルダッチはいい意味で病気だと思ってます。

病気。

僕がダブルダッチ始めたのはポン(イケポン)さんがきっかけなんです。

“ダブルダッチはいい意味で病気だと思っています。”

そうだったっけ?ぜんぜん覚えてない(笑)。

僕が大学1年生でFOGに入って、その時アフロの人が縄跳んでいたのが強烈すぎて。

あーその時パーマあてていたな。

ダブルダッチがきっかけで、思い切ってクリエイティブの専門学校へ

その後、FOGのアツいアツい3年間を過ごし(笑)。頭がダブルダッチにしかいかないじゃないですか?あんなにスポットライト浴びて、ワーキャー言われて。なんなら人生の中でこれ以上ないってくらい、上に登って行っている感があったじゃないですか。頭が本当にその辺にしかいかなくて、就活セミナーとかいっても、何にも頭に入ってこないんですよね。

何も見ても面白くねえ、みたいな?

“頭がダブルダッチにしかなくて、就活セミナーが頭にはいってこなくて。”

はい。一応面接受けながらこんな仕事もあるんだって感覚で3回生の終わりから4回生まで就活はやって、内定も出たんですけど、全然納得いけへんなって思っていて。確かしゅんさん(CANADA)だったと思うんですけど、「自分がダブルダッチにめっちゃハマっているんやろ?そのハマっている要素を他で見出し」って言われて。
ダブルダッチって要素が多いと僕は思っていて。ライトがあって、舞台があって、衣装があって、ダンスがあって。そういういろんな要素を掛け合わせて、インプットして、そしてお客さんもいるからアウトプットもできる。集団創作のクリエイティブ以外の何物でもないなって思って。思い切って、そのあと専門学校に行くんですよね。

そうだったね。

はい。自分がダブルダッチにハマっていた要素をまとめると、それって「空間演出」なんじゃないかなって思って、この道にいったんです。結果としては、そのダブルダッチ熱をくすぶらせず、そのまま方向転換しながら仕事ができていると思います。今でも例えば「企業向けのイベントでプロジェクションマッピングしたいんですけど何かできないですか?」って言われたら、会社の中のムービー作れる人、シナリオ書ける人、みたいな感じで、その道のプロをかき集めて特殊チーム組んで出ていくっていうノリはダブルダッチと同じような感じでやってますね。

“しゅんさんの言葉が、今の仕事に就いたきっかけでした。”

おもしろそうだね。

だから、かなり活きているなというか。

ダブルダッチの経験が、ね。じゃあダブルダッチにハマった要素は「集団創作」だという分析は大正解だったんだね。じゃあ今の仕事に就いたきっかけはしゅんさんだったんだ?

間違いなくしゅんさんですね。たぶんしゅんさんは覚えていないでしょうけど(笑)。

あはは(笑)。

人にはどこか絶対良いところがある

実は、ポンさんにも本当に良いことを教えてもらったなっていう思い出もあって。その、ダブルダッチがうまい人もいれば、下手くそな人もいる。けど、人にはどこかに絶対良いところがあるって言っていて。

言っていたわ、それ(笑)。

言ってましたよね。

今もそう思っているかな、何かしらはあるって。

そう、何かしら絶対あるんですよね。あっきー(学生時のチームメイト)もあんなんでしたけど、絶対遅刻しないし、絶対来てくれるし、絶対いてくれるし。あのパフォーマンスは6人じゃないとできなかったし。今となってもその考えは活きています。

あーなるほどね。

まあ今はロクでもない人もいますけどね(笑)。

ははは(笑)。

“ポンさんにも、良いことを教えてもらいました。”

本当にいろんな人がいるんですよ。「これでできますよ」って言って、結果全然出来上がってこない、とか。でもね。「どこだろな〜こいつのいいところ」って探す作業から始まりますよね。

どこだろな~ってね。

もう相当ムカついているんですけどね。ふとした時にポンさん出てくるんですよ。

そうなんだ。いい言葉を残したね。我ながら(笑)。まあでもそう思わないと、ディレクションする側はキツいよね。

まあキツいですよね。

(第2回に続く:2018年8月18日公開)