2018.5.27 Sunday

第1回「女性に美しくなってもらいたい」っていうのをコンセプトにやってます

######

黒野

1990年5月24日生まれ。筑波大学2年時に初めてなわとび競技に出会い、これまでNBAハーフタイムショー出演や、2014年にはWorld Jump Rope選手権で個人総合優勝を果たす。また2016年のリオデジャネイロオリンピックでは日本人で初めてバスケットボールやハンドボールのハーフタイムショーに出演した。現在は株式会社ワコールにて人体の研究をおこないながら、縄跳びの普及活動をおこなっている。CX-Wサポートアスリート。

世の中でどんな研究がされているか、全体を把握するところから始まります。

黒野さん、練習終わりのところお時間いただきありがとうございます。早速ですが、1日のお仕事の流れを教えていただけませんか。

月曜日から金曜日までの勤務で、9時00分~17時30分の間が業務時間です。現在ワコールの人間科学研究所というところで研究をしてるので、そのルーティンは一緒かな。業務内容は、会社でやりたい事、やるべき事が上から降りてきて、それに対してどうアプローチしたらいい成果が出せるかを日々模索しながらやっています。そのために、市場調査にいったり、先行研究を読んだり。

“そのために、市場調査にいったり、先行研究を読んだり。”

センコウ研究、ですか?

そう、論文みたいなもの。

あ、なるほど。ごめんなさい、今日すごく質問ばっかりしてしまいそうです。

全然大丈夫(笑)。過去に他の会社とか、世の中でどんな研究がされているか、全体を把握するところから始まります。そういった論文から実際にうちの社でできることってなんだろうねってことを模索します。そこから実際に何に取り組むか決めたうえで、実験していくという流れです。だから基本的にはずっと内勤してます。

すでに論文として残っているものを参考に、さらにその先に進むことができて、かつ、会社として取り組めることは何か模索する。そういったイメージでしょうか。

そうそう。そんな感じですね。

せっかくスポーツの大学を出るなら、スポーツ関係の仕事したいなとは思っていて

なるほど。現在、黒野さんは女性向けの下着が研究対象のメインになるんですか?

そうですね。まさに女性の下着についての研究をしていますし、それがうちの会社の軸となる分野だと思っています。ただ、他にも結構色々やってるんです。パジャマやスポーツタイツも作ってるけど、ほとんどが女性の下着ですね。

そうですよね、ワコールというと下着のイメージです。先ほど本社ビルの周りをぐるっと回っていたんですけれど、1階の外から見えるところにブラジャーがたくさん並んでいました。

あっ!あれ見ました(笑)?あんだけ並んでると、もう綺麗ですよね。

“先ほど本社ビルの周りをぐるっと回っていたんですけれど、1階の外から見えるところにブラジャーがたくさん並んでいました。”

はい、とっても(笑)。ところで黒野さん、聞くところによると、本当はワコールでスポーツタイツを作りたかったんですよね?

そうなんです。元々、筑波大学の体育学部だったんで、ずっとスポーツには興味があって。スポーツやる時にタイツを履く人も多く、自分もそこには興味ありました。たまたま学生の時から、CW-Xというワコールのブランドのタイツを履いて走ったりしてたんですね。せっかくスポーツの大学を出るなら、スポーツ関係の仕事したいなとは思っていて、自分の履いていたタイツがワコールのものだったので、ワコールに行きたいと。本当にそれだけ。全然下着の会社とは知らなくて。

そうなんですね。

そうそう。だからすごい覚えているのは、入社試験二次の集団面接。「なんでトリンプじゃなくて、うちの会社を志望したんですか」って質問があって。で、スポーツタイツの会社っていう認識しかなかったから、トリンプを知らなくて。もうパニック(笑)。

「トリンプってなんや?」って(笑)。

そう。集団面接だったので、自分より前の人が「業績が~」とか「売上が~」って話してるのを聞けたんですよね。その流れ的に「きっとトリンプはライバル社だな」と。で、なんとかつなぎましたね。

洗濯しても長持ちする自信はあります!

ワコール、トリンプ、というのは男の僕でも耳にしたことがあります。

最近だとユニクロとか、安くて結構いいんだよね。

うん。柄もかわいいし。

うわーそれね。つらい。

H&Mとか。

うわ、つらいね。やめてほしい(笑)。

安くてかわいい。

安いんだよね!うちのはそういったとこと比べると高いんだよね。でもその分素材が良かったり、洗濯しても長持ちする自信はあります!

うん!そこ大事!

大事よ、そこは。

“うん。柄もかわいいし。”

ブラって使い捨てですもんね。

そう、本当に本当に。

トリンプとか安いんですけど、1ヶ月使ったらもうモロモロなっちゃうし捨てないとって。

ワコールの中でもいろいろとブランドがあるんだけど、その中でも特に高いやつはブラジャーだけで3万円くらいはしますね。

3万円ですか!

「ワコールディア」っていうブランドですね。他にも、「Trefle(トレフル)」とか「Salute(サルート)」ってブランドは、上だけで1万円前後だけど、すごくいい商品だから、ぜひ使ってみて欲しいです。

外見も内面も、美しくかつ健康的に見えるような体づくりを

なるほど、いろんなブランド展開をされているんですね。冒頭で人間科学研究所という場所だと仰られていたので、研究対象のメインとしては生地よりも、まずは体の構造的な部分がメインになるんですかね。

そうですね。まず人体の研究をおこなっています。その中でも特にバスト周辺は研究も多くやってますよ!

下半身だったり、バスト以外の部位を研究することもあるんですか?

もちろんやってます。ショーツだとガードルとか。ガードルってイケポンご存知?

ガードル・・・。あれですよね、この辺にこういう感じで・・・。

それはガーターでしょ。

あ、すみません。違うんですね。ガードルってなんですか(笑)?

腰回りを締め付けるように履くもので体型が整ったりするやつです。

おばあちゃんが履いたりするイメージです。

そうそう。でも結構最近は若者も履いてるよ。

へえー

最近だとワコールからは「SUHADA(スハダ)」とか出しています。

結構エロスも感じますもんね。

あーもうその辺感覚なくなってきちゃったからなー(笑)。

ははは(笑)。

とにかくバストやヒップを含め、「女性に綺麗になってもらうために」っていうのをコンセプトにやってます。

会社全体として?

そうそう。会社のコンセプトが「世の女性に美しくなってもらう」ことなので、そこだけはぶれずにやっています。なので良くワコールと聞くと、「ブラジャー」っていうイメージをもたれるんですけど、胸だけでなく、全身ですよ。外見も内面も、美しくかつ健康的に見えるような体づくりをしましょうってことなんで。

“会社のコンセプトが「世の女性に美しくなってもらう」ことなので、そこだけはぶれずにやっています。”

こういう体形が理想ですよ、という基準が定められているのでしょうか。

ありますよ!世の中の何万人っていう女性のデータからワコールが考える「美の基準」を提唱しています。

なるほど。滅多に聞くことができないお話で、すごく面白いです。

僕も最初は全然知らない世界だったんですが、やってて面白いと思う事は多々あります(笑)。

めっちゃためになる。

入社して1週間くらいは鼻血出そうだった(笑)。まぁでもこれが仕事なので今の僕のすべてです(笑)。

(第2回へつづく)