ダブルダッチマン
2018.5.27 Sunday

#3 今までお世話になったストリートのシーンになにか貢献できるかもしれない

ユーキさんのおかげで、自身のプレイスタイルが固まっていったMACCHIさん。現在はダブルダッチプレイヤーとしてではなく、Red Bullの社員として違う形でシーンに貢献したいとのことです。

###

#3 今までお世話になったストリートのシーンになにか貢献できるかもしれないを読む

#1 TakumAさんを見て「乱縄に入って間違いないな」って思った

「ダブルダッチの起源をたどる旅」をKEITAから引き継いだのはMACCHIこと町田さん。誰がきっかけでダブルダッチを始めたのでしょうか。聞き手イケポンの後輩でもあるM.A.DのMASAを交えて、旅が一つ駒を進めます。

###

#1 TakumAさんを見て「乱縄に入って間違いないな」って思ったを読む

【ダブルダッチ全国プレイマップ】北海道 NorthRopes

札幌で活動する社会人ダブルダッチサークルです。現在はプレイヤー・愛好者合わせて15名ほどが所属し、初心者から経験者まで分け隔てなくみんなでダブルダッチを楽しんでいます!イベント出演も多々あり、北海道でダブルダッチの輪を広げる活動にも力をいれながら何人かは本州で開かれる大会にもプレイヤーとして挑戦しています!

【ダブルダッチ全国プレイマップ】北海道 NorthRopesを読む

第4回 東京オリンピックでパフォーマンスしたいのは夢でもあるし責任でもある

2020年まではなわとびをやめないと仰られていた黒野さん。その時まで、今と変わらずまっすぐなわとびに取り組んでいる姿が目に浮かびます。まっすぐで眩しい笑顔に、目がチカチカしてきてしまう黒野編最終回です。

######

第4回 東京オリンピックでパフォーマンスしたいのは夢でもあるし責任でもあるを読む

第3回 2020年までは絶対辞めない

前回、フィギュアスケートをされていたことが判明。驚きです。今ではすっかりなわとびプレイヤーになった黒野さんですが、毎日のお仕事と練習、大変じゃないですか?彼をそこまで突き動かす原動力はどこにあるのでしょう。

######

第3回 2020年までは絶対辞めないを読む

第2回 将来はスポーツのことをやりたい

スポーツタイツを志望しながらも、女性下着の研究を行っている中での想いをお話ししていただきました。実は、なわとびを始めたのは大学2年生からなんだとか。その前にはしていたのは意外なスポーツ!?黒野編、第2回目始まります。

######

第2回 将来はスポーツのことをやりたいを読む

第1回「女性に美しくなってもらいたい」っていうのをコンセプトにやってます

日本国内外で活躍される単縄プレイヤーの黒野さん。本企画では初めてとなる、「会社員」をされています。下着メーカーにて女性用下着の研究をしながら、毎日の練習も欠かさない。そんなお仕事ぶりを覗いてみました。写真撮影係だったマオを交えてのブラジャー談義になりました。

######

第1回「女性に美しくなってもらいたい」っていうのをコンセプトにやってますを読む

第3回 流れの中のポイント

「流れに身を委ねる」ことにみなさんはどんなイメージをお持ちですか?JOHNさんのお話には随所に「繋がり」というキーワードがありました。その「繋がり」に身を委ねているような、実はコントロールされているような。JOHNさんはそんな空気感を持っていらっしゃるなと感じました。「ダッチャーのお仕事、覗いてみたい。」JOHN編、今回で完結です。

######

第3回 流れの中のポイントを読む

第1回 自分のやりたいことを伝える場所っていうのは、なければつくればいい

治療院「Emotion」を営み、体づくりを事業としているJOHNさん。昔から何事も自分でつくるタイプだったんだとか。ダブルダッチでも事業でも大事なことは「人の心を動かせるか」。JOHN編、第1回はじまります。

######

第1回 自分のやりたいことを伝える場所っていうのは、なければつくればいいを読む

第4回「嵐山で商売したい」って言ってくれるような嵐山を残したい

前回はタケさんのうどんに対するほとばしる熱量を感じられました。そんな熱量を今後はどんな方向に向けていかれるのでしょうか。本インタビュー、今回で完結です。

#####

第4回「嵐山で商売したい」って言ってくれるような嵐山を残したいを読む

第1回 商売人やったら商売でなんとかせなあかんやろ

京都は嵐山でうどん専門店「新渡月」を営むタケさん。何を大事にして、どんなお仕事をされているのか伺ってきました。全4回でお送りするタケ編。連載企画「ダッチャーのお仕事」本日から始まります。

####

第1回 商売人やったら商売でなんとかせなあかんやろを読む